2つ以上の企業が合併することも!企業買収のすべて

M&A NAVI

企業買収について学んでおこう~仕組みをきちんと理解~

握手

企業買収の基礎知識

企業買収は経営権を移転させることを目的としています。合併や株式譲渡の他、事業譲渡の方法が一般的です。「買収」ですので譲渡といえども費用が発生し、買収元の企業は締結内容に基づき支払いを行います。
また、経営権を移転させることなく、資本提携や業務提携といった企業間の協力関係を構築する経営手法も広くいえば企業買収の一つといわれることがあります。
もちろん、企業買収は目的もなく行われることはなく、必ずお互いの企業の利益が結び就かなければ企業買収の締結はありません。企業の経営者は事業拡大などを目的として企業買収を目論むことがありますが、対象企業の経営権を受け取った後、どのように利益を求めていけるのかをしっかりと計画する必要があります。

企業買収の方法

企業買収の方法として、会社合併による経営権を移転させる方法と、株式取得や事業譲渡による経営権移転の方法があります。株式取得の場合には、企業の持ち株を全取得する方法と、「第三者割当増資」と呼ばれる増資を行い、買収する企業の取得株式の割合を多くする手法があります。この他、株式移転やTOB(株式公開買付け)と呼ばれる買収元の企業が株を売りに出すように呼び掛ける方法もあります。
先に紹介した企業買収の手法の場合、企業間の利益をもたらすための友好的な手段となることが多いのですが、TOBによる買収の場合、企業間の話し合いがもたれることなく作為的なものも見られます。企業の思惑等も絡んでくる買収があることも念頭に入れましょう。

こちらも注目!おすすめ記事

女性

企業買収は事前準備が重要~コンサルティング会社を使う企業も多数~

コンサルティング会社を経由した企業買収に関してまとめています。また、企業買収によってそれぞれの企業が得られるメリットをランキング形式でご紹介いたします。

READ MORE

企業買収を行う際の注意点

単に事業拡大・勢力拡大という図式だけで企業買収を行うことは、共倒れになる可能性があります。買収先企業に勤める従業員の生活も含めた上での買収であることを、常に意識して検討しましょう。また、目的を持って買収を進めていくことは絶対条件です。

M&Aとは?

「M&A」とは「Mergers and Acquisitions」の頭文字を取った言葉です。「合併と買収」という意味合いがあり、一般的には企業買収のことを指しています。また資本提携や業務提携取った経営権移転を伴わない提携関係に関してもM&Aの一部とする場合もあります。

[PR]企業買収専門のコンサル会社を紹介!
事業拡大したいなら要チェック!

広告募集中